京阪杯(2015年)はスプリントマスターで的中させました。

今年の京阪杯はスプリントマスターが的中させました。

20151129kyoto12
4番人気1着単勝1560円複勝270円的中


まず今年の京阪杯は最終レースで行われたことがポイントで、
実はファイナルスナイパーの対象レースでもありました。



でも以前ブログ記事で指摘したように、
最終レースが1200m戦の場合はスプリントマスターを優先
させた方が良いので個人的にはスプリントマスターを実践。


→ 最終レースが1200m戦だった場合の対処法記事リンク



実はスプリントマスターでは、
②サトノルパン④ビッグアーサー⑫コパノリチャードの
3頭が選出馬なので正式には買い目3点での的中でしたが、
④ビッグアーサーが単勝1.5倍だったこともあり、
買い目から外して②⑫の2点買いを行いました。



さてこの週は土曜日にダ1200m戦が2鞍行われましたが、
選出馬はともにゼロだったので京阪杯が唯一の勝負レースでした。



そんな少ない勝負レースできっちり単勝回収率520.0%を
達成しましたのでやはり再現性は高いロジックですね。




>>スプリントマスターのレビューはこちら


One Response to “京阪杯(2015年)はスプリントマスターで的中させました。”

  1. […] 的にもスプリントマスターで的中させたのは芝ばかりだったような。。 >>京阪杯(2015年)の的中記事リンク sisetucho特典の「スプリントマスターダート編アレンジ」では、 2015年 […]

コメントを残す

このページの先頭へ