最終レースが1200m戦だった場合の対処法

ファイナルスナイパーは最終R限定で
スプリントマスターは1200m戦限定ロジックです。


では最終Rが1200m戦の場合はどっちのロジックで
狙った方が良いのでしょうか?


過去の成績を調べてみたのですが、
まずファイナルスナイパーは単勝も複勝も
回収値は100円を割ってしまいます(2010年以降)。



この原因は朝一オッズ条件の設定が
ズレてしまっているからなんでしょうね。



これはネタバレになりそうなので、
どこまで書いたら良いのか悩みますが、
最終Rが1200m戦の場合は
朝一オッズを上半分に絞ると良いと思います。



これによってファイナルスナイパーの
単勝回収値は100円を突破していきますが、
それでも大きな爆発力はなさそうです。



ではスプリントマスターはどうかというと、
芝編では単勝回収値223円複勝回収値101円を達成し、
ダート編では単勝回収値164円複勝回収値113円を達成しています。



そういえば2015年10月18日の京都12R
(ダート1200m戦)を1着に激走したのは、
スプリントマスター選出馬の13番人気
デルマヌラリヒョン(単勝7140円)でした。



というわけで過去の商材成績からいえば、
最終Rが1200m戦の場合はスプリントマスターで狙う方が
爆発力が期待できるといえますね。





>>スプリントマスターのレビューはこちら


>>ファイナルスナイパーのレビューはこちら


2 Responses to “最終レースが1200m戦だった場合の対処法”

  1. […] « 最終レースが1200m戦だった場合の対処法  ホーム  検索: […]

コメントを残す

このページの先頭へ