対戦型マイニングと110%超え爆マーク馬に注目です。

単撃ロボの爆撃Pという指数や爆マーク馬は
他の指数と組み合わせると面白いのではと思っていて、
いろいろ調べてみたりしているのですが、
爆マーク馬と対戦型マイニングがひょっとしたら
相性が良いのではないかと・・。



ちなみに想像しているのはこんな感じです。


・回収率110%超え爆マーク馬が対戦型マイニング1~4位


この条件に該当した馬が来ているイメージがあって、
先週(4月12日と13日)の成績を調べてみました。



4月12日(土)
選出馬21頭 【3-0-3-15】単勝回収率237.1% 複勝回収率109.5%

4月13日(日)
選出馬16頭 【2-0-5-9】 単勝回収率168.1% 複勝回収率129.3%

土日トータル
選出馬37頭 【5-0-8-24】単勝回収率207.2% 複勝回収率118.1%



対戦型マイニングを使用することで障害戦は自動的に除外されますので、
4月13日福島4R単勝1310円の的中は逃してしまいますが、
対戦型マイニングと爆マーク馬の相性は良いのではないかと思うのです。



単撃ロボの指数(爆撃P)はそもそもスピード指数だそうなので、
同じくスピードに関連したタイム型マイニングを用いるよりも
勝ち負けを予測する対戦型マイニングを組み合わせる方がしっくりきます。



あくまでも先週の場合は対戦型マイニング4位以内の馬でしたが、
ここまで絞ってしまうと的中を逃してしまうケースも出てくるので、
様子を見ながら対戦型マイニング順位10位以下を除外とか
そんな使い方が良いかなと思っています。



▷ 単撃ロボのレビューと特典のご案内ページ






コメントを残す

このページの先頭へ