単撃ロボ2evolutionの重賞狙いは12月度11戦8的中でした。

単撃ロボ2evolutionの重賞単勝狙い(◎○▲△)は12月度11戦8的中(的中率72.7%)回収率91.1%でした。


tangeki2evolution



阪神カップを7番人気で勝利したシュウジは惜しくも印5番手評価だったので、ここが的中できていれば一気に回収率も向上したのですが。。


(参考記事)11月は13戦12的中で回収率168.1%を達成しました。

こちらの記事でお伝えしているように好走内勝率を34%以上の馬に限れば同じく11戦8的中で回収率102.8%ですし、直前単勝オッズ14.9倍以内の馬に限ればやはり11戦8的中で回収率111.4%でした。


好走内勝率はキャリアの少ない2歳戦や3歳戦ではあまり意味がないことも多く、このファクターを活用するにはテクニックが必要ではありますが。。


7割以上の確率で印上位4頭の馬が勝利しているので、何度も言っていますが重賞レースで単勝を狙う場合にはまず単撃ロボ2evolutionをチェックするのが効率的です。


あと、追い上げ投資の方ですがマニュアルに記載されている設定で12月度は9日間の開催中8日間でプラス回収(いわゆる9戦8勝ですね)を達成し、回収率は136.0%でした(初期投資金1,000円)。


tangeki2evolution



こちらが10月以降の成績です↓
tangeki2evolution



ITエージェンシーさんのソフトの自動運転には基本的にどれも単勝追い上げ機能がついていますが、evolutionの追い上げロジックがもっとも安定していると感じます。大ハマリが少ないというか、さきほどの10月以降の成績画像も前日までの損失額の引き継ぎをしない設定でのシミュレーション結果でやっぱ安定度が高いですね。


>>単撃ロボ2evolutionのレビューはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ