【地方競馬】オッズ系とコンピ系商材の違いを確認しておきましょう。

昨日の大井開催で3戦1勝の大勝ちを収めた
南関コンピファイヴ。

本日7月9日は対象レースが全くなしという状況となりました。


7月8日の大勝ち記事はこちら⇒ 「気づいたら終わってたではいけないので」の記事


前日の大勝ちによって、更に期待が高まる南関コンピファイヴでしたが、
本日は1つも勝負できるところがありませんでした。


対象レースがないことは午前中に届く買い目配信メールで知ったのですけどね。


通常の地方競馬商材は、直前オッズを用いているものが多く、
どうしても対象レースの選定及び買い目選出はリアルタイムで
行なっていかなければなりません。


まあ、それによって再現性が出てくるので、
直前オッズを用いたものがダメとか言うんじゃありませんよ。


むしろ直前オッズで実践できていて結果が伴っているんなら、
そちらの方で実践した方がいいのではと思います。


ですが。


直前オッズで実践している人の中には、
レース選定~馬券購入までのスピード感に戸惑ってしまい、
結果的に冷静さを欠いていくというケースも多くて。


なぜ冷静さを欠いていくのかというと、
直前オッズ馬券術の場合は南関コンピファイヴと比較して、
その名のとおりレース直前での慎重な作業が多いからです。

直前オッズ馬券術実践の流れ
・レース発走5~10分前にオッズ確認して対象レース選定。
⇒買い目選出⇒馬券購入締切時刻までに投票⇒完了


南関コンピファイヴ実践の流れ
・レース前日までに対象レース選定及び買い目選出。
⇒馬券購入締切時刻までに投票⇒完了



投票締切り間際に対象レースを選定して、
買い目選出もして馬券購入するまで一息もつけないのが直前オッズ系地方商材。


一方でレース当日は資金配分して馬券投票するだけという
実践時の精神的負担が非常に少ないのが南関コンピファイヴ。


だいぶ理解できましたでしょうか?


あとはどっちのタイプが自分に合うのかということになりますが、
今日のように前日段階で対象レースがないことが分かっていれば、
あえて無駄な時間を割く必要もなくなりますし、
明日に控えるジャパンダートダービーの予想にもっと力を入れられるというわけです。


というわけで、
的中率と回収率が同じレベルのノウハウであるならば、
これらの観点からも個人的には南関コンピファイヴを選択します。


地方競馬におけるオッズ系商材とコンピ系商材の違いを知っていただければ。

どうぞ参考にされてください^^



南関コンピファイヴのレビューと特典案内



コメントを残す

このページの先頭へ