こういう使い方もありかもしれないですね。

ゴールデン★ダークホースの対象レースというのは、
そもそも穴馬が上位に来やすいという性質があると思います。


つまりゴールデン★ダークホースの選出馬に警戒しつつも、
蘆口穴指数にも注意を払っておくということです。


本日2月9日(土)の小倉6Rが典型的なレースでした。


ここでプレミアムモンスターの指数1位&2位馬を軸に
ゴールデンダークホースの4頭&蘆口穴指数の3頭の
ワイドフォーメーション。








プレミアムモンスター的にはAABレースで、
どちらかといえば固く収まるレースともいえるのですが、
ここでダークホース的な視点を加えてみることが功を奏しました。


ワイド3300円なら文句なしの配当ですしね。





プレミアムモンスターでAABのレースでも、
ゴールデンダークホースで対象レースでない場合、



例えば本日の東京6Rのようなレースではやはり
固く収まる傾向があります。



(蘆口穴指数も一応狙ってみましたが不発でした)



つづいて京都8R。これも良い結果が出ましたね。


秋山単勝指数1位馬とゾーンレベルの単勝買い目を軸に
ゴールデン★ダークホースの4頭と蘆口穴指数へ流した馬券。





だいぶ話が脱線してきましたが、
もちろんプレミアムモンスター単体でも




と蘆口穴指数の複勝狙いも順調に決まっていますが。


というわけで、こういう複数の商材を重ね合わせることで、
より簡単に的中できるということが分かるのではないでしょうか?






コメントを残す

このページの先頭へ