単勝狙撃法の先週(12月20日週)の成績。オッズ断層とあわせて狙うとより精度アップ!

田神猛さんの単勝狙撃法の先週の成績を検証します!





昨日レビューを公開した単勝狙撃法ですが、12月19日~20日の成績は以下の通りでした。


●単勝狙撃法1stモード

12月19日(土)該当馬なし
12月20日(日)(1-0-0-0)


●単勝狙撃法2ndモード

12月19日(土)該当馬なし
12月20日(日)(0-0-0-1)


19日(土)の開催では1stモードも2stモードも該当馬が出現せず投資機会ゼロでしたが、翌20日(日)は1stモードから唯一選出された中山1Rのサンマルセレッソが7番人気1着に激走して単勝1750円(複勝380円)の的中でした。


20日(日)中山1Rは馬連で買った場合は4230円の的中、ワイドで買った場合は1340円&1370円のダブル的中。


ちなみにこの⑩サンマルセレッソですが、オッズ断層表をチェックするとこの馬(⑩)の直後に馬連・単勝・複勝の大断層が出現しているのが分かります。

中山1Rのオッズ断層表(直前ニ)↓↓



さらに単勝と複勝では直前にも断層ができており、いわゆるサンドイッチ断層ができあがっていました。


上位人気馬に断層が1本もないのも⑩サンマルセレッソを単勝で狙う根拠の1つとして重要なポイントになりますね!


もしMONSTERなどでオッズ断層表をチェックできるなら、単勝狙撃法とあわせて該当馬の断層をチェックしてみるとよさそうですよ。




コメントを残す

このページの先頭へ