ファイブスター☆5は本命戦でこそ精度が高まる?

今年のファイブスター☆5ランクの成績を検証してみたところ、本命戦ほど好成績を収めていることに気づきました。





こちらが今年(11月11日時点)のファイブスター☆5ランクのテクニカル6分類別成績です。




Pat1がテクニカル6のレースパターン1となりますが、本命度が高くなるにつれて見事に成績が向上しているのがわかりますね。


回収値的にはどのパターンでも大きな成績差はありませんが、やはり的中率からいえばレースパターン5と6が狙い目になってきます。


レースパターン5~6+ファイブスター☆5で回収値100円を達成している条件といえばコンピ1位馬です。コンピ2位も単勝回収値99円とほぼ100円ともいえるので、コンピ1位~2位馬を中心に狙ってみるのが良さそうです。


●レースパターン5~6+ファイブスター☆5のコンピ順位別成績



このパターンをクラス別にみると未勝利戦以外は単勝回収値はプラスになっています。重賞戦でも(11-3-1-5)勝率55.0%連対率65.9%複勝率75.0%単勝回収値124円複勝回収値90円を非常に狙い目になっていますので、ぜひ参考にされてみてくださいね。



コメントを残す

このページの先頭へ