パーフェクトコードA馬の最適な狙い方はコレかも。

先週の開催はファイブスター(☆4と☆5)の成績が非常によく、パーフェクトコードA馬とあわせると単勝回収値131円を達成しました。


先週のファイブスター☆4と☆5の成績です↓



このようにファイブスター☆4と☆5が先週はともに単勝プラス回収を達成したのですが、このうちパーフェクトコードA馬に限れば(4-0-3-8)単勝回収値131円複勝回収値89円でした。


パーフェクトコードとファイブスターの合体は複勝狙いがポイントか
どうにかパーフェクトコード(以下PC)とファイブスター(以下FS)をあわせて狙えないかなと思っているのですが、…

こちらの記事でお伝えしたように、やはりファイブスター☆4☆5とパーフェクトコードAの相性は良さそうですね。


先週は複勝回収値が下がってしまいましたが、買い目を絞って狙う時にはこれからも効果を発揮してくれそうです。


そして先週のパーフェクトコードA馬ですが、成績は以下の通りでした。




「単勝回収値51円っ?!」と逆に思ってしまったのですが、Aのうちコンピ1位~2位の馬が(4-0-3-2)単勝回収値134円複勝回収値128円と上位人気馬の成績がとても良かったんです。


ひょっとしたら、A馬は上位人気馬を軸馬として狙うのが最適なのかな?と思い、今年1月以降のA馬成績を調べてみたのですが、やはりコンピ1~2位馬の期待値が高くなっていました。


A馬(コンピ1位~2位)の成績↓

※2017年1月~4月23日


複勝回収値が100円を超えているのがスゴいです。複勝率も約7割なので軸馬としても活用できます。


回収値的に狙い目となってくるのが前走0.6差以上で負けたA馬(コンピ1位~2位)で、今年に入ってから(20-13-9-15)勝率35.1%連対率57.9%複勝率73.7%単勝回収値125円複勝回収値116円です。


だいぶA馬の狙い所がつかめてきたような気がします。


         ↓↓パーフェクトコードのレビューはこちら↓↓





コメントを残す

このページの先頭へ