内田騎手の狙いは最終レースだったんですね。

内田騎手は3月26日(土)に阪神競馬場で騎乗しましたが、

毎日杯では騎乗馬はなし。



ここ2走乗っていたタイセイサミットには

川田騎手が乗り替わりで騎乗したんですよ。



他にお手馬がいるわけでもないし、

この日に騎乗する馬はすべて4番人気以下。



なんで阪神に来てるのかなと思ってたわけです。



ひょっとしたらエージェントの中村氏が

どこかで勝ち負けになる穴馬を用意しているのかも!



と思っていたら阪神最終Rで

7番人気1着激走 ォオ~!!(゚Д゚ノ)ノ


シュバリエ


この馬は過去にも

戸崎騎手による1回限定乗り替わりで

7番人気3着ということがありました。



戸崎騎手も内田騎手と同じエージェントなので、

ここは狙っていた可能性が高いですよね。



でもこの馬が狙い目だということは、

一般の馬券ファンには知る由もありません。



だから例えば、

・単撃ロボで爆マーク馬として選出されていないか?

・MONSTER8で穴馬判定馬として選出されていないか?

を確認して判断しても良いのではと。



例えば今回激走したシュヴァリエは、

単撃ロボの爆マーク馬でもあり、

MONSTER8の穴馬判定(朝一)選出馬でした。



爆マーク馬↓

シュヴァリエ


穴馬判定馬↓

シュヴァリエ


このように「おやっ?」と

思うようなことがあれば、

これらの競馬商材で裏を取り判断するのも

有効な戦術だと思いますよ。



>>単撃ロボのレビューはこちら


>>MONSTER8のレビューはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ