ウインチョイスルートを異常オッズエージェントで判定する方法

ウインチョイスルートの先週3日間開催の成績は、
3戦1的中で回収率は93.3%でした。



的中したのは1月12日(月)の京都4Rで、
的中配当は560円でした。



このレースは障害戦だったのですが、
1番人気馬が圧倒的に支持されていて(単勝1.5倍)、
結果1&2番人気がそのまま好走したので、
配当が伸びませんでしたね。



さて、このレースはよりウインチョイスルートで
狙うべき理由がありました。



異常オッズエージェント



こちらはデッドワンプログラムの特典でゲットできる
異常オッズエージェントというオッズ分析ソフトの
レース判定画像(1月12日京都4R)です。



判定項目が7項目ありますが、
赤く塗りつぶされた項目が多ければ多いほど波乱度が高くなり、
逆に白い項目が多いほど波乱度が低くなります。



ご覧の通りほとんど白い項目ばかりになっていますが、
注目すべきは「複勝断層」が0本で赤く塗りつぶされている点です。



京都4Rのオッズ断層表↓
オッズ断層表



ウインチョイスルート対象レースは
すべての項目が白く塗りつぶされることが多くて、
このレースのような複勝断層が0本のレースは
より人気薄馬の激走も期待できる条件だと判断できます。



この2強構成のレースでは的中時配当が期待しづらいのですが、
このようにオッズを用いて勝負度合いを判定するのも良いと思います。



→ ウインチョイスルートのレビューと特典案内ページ


→ デッドワンプログラムのレビューと特典案内ページ






コメントを残す

このページの先頭へ