ウィンベスト2のレビューです。

ウィンベスト2という馬連4点買い馬券術ですが、

ロジックが面白かったのでレビューしておきます。



商材名がウィンベスト2とありますが、

前作もレジまぐで販売されていたそうです。



(商材より抜粋)↓
ウィンベスト2


sisetuchoは前作を知りませんが、

前作も今作もデータマイニングを利用した馬券術。



マイニングで馬連4点とか言われると

なんだかわくわくしませんか?(笑)



マイニングはコンピ指数のような予測オッズとは違い、

マイニング上位馬≠人気上位馬です。



つまりマイニング上位馬決着であっても

高配当的中となることも多いので、

ロジック次第で非常に強力な馬券術となりうるのです。



そして今回のウィンベスト2ですが、

商材ロジックはかなり使えそうな印象です。



実践にはマイニングを利用することから

TARGETもしくはJRA-VAN NEXTが必要ですが、

対象レース選定→該当馬選出→買い目構築までの

流れが非常にシンプルで実践しやすいのがいいですね。



更にお得なのはワイド応用編が

特典として掲載されている点です。



3月12日に行われた中日新聞杯は、

商材本編でいえば見送り判定でしたが、

ワイド応用編では3点で1110円の的中。



見送り判定となったレースでも

ワイドで狙えるパターンがあるので、

結構楽しめるノウハウになっていますよ。



>>ウィンベスト2の販売ページはこちら



3月31日までの期間限定特典


・クロスマイニング2016(PDF)


3月31日中にこの商材を決済された場合には、

sisetucho特典として以下の最新レポートを

お渡しさせていただきます。


マイニングとコンピ指数で単勝的中率36.1%

回収値154円を達成の最新ロジックです。


ご購入後に以下のリンクより特典請求されてください。

>>ウィンベスト特典請求フォーム


確認後、折り返し24時間以内に特典をお送りいたします。



>>ウィンベスト2の販売ページはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ