京都記念2011のデータ傾向と見解

過去5年における京都記念の傾向としては、
距離短縮馬が有利ということが挙げられます。


距離延長で望むのであれば、前走にて連対実績がほしいですし、
単勝1番人気に推されるくらいの力を持っていないと、穴馬には厳しいレース。


距離短縮馬であれば前走で3コーナーを1~7番手の競馬を
経験した馬がよいというイメージです。


今年の京都記念はほとんどが距離短縮ローテなんですが、
前走愛知杯(芝2000M)を勝利したセラフィックロンプについては
京都記念で最も成績の悪い前走芝2000M戦経験馬ということで。


で注目すべき馬は

オウケンブルースリ
トゥザグローリー
ビッグウィーク
ロードオブザリング
ヒカルカザブエ

の5頭。ロードオブザリングとヒカルカザブエについては
脚質的にどうかなとも思いますが、ともに母父サンデーですしね。


血統とローテーションを極めたいなら。
↓ ↓ ↓
クロスバイアスアナライザーのレビュー



優良な競馬商材を手に入れる為のノウハウ

sisetuchoがこれまで手に入れてきた競馬商材を分析し、
どんな競馬商材を購入すればよいのかをまとめたPDFです。

すぐにダウンロードできますので、
是非お読みください↓
sisetucho特別レポートのダウンロードはこちら


競馬商材を購入するのに迷ったら

sisetuchoにお気軽にご質問ください。
↓ ↓
sisetuchoへの問い合わせフォーム


ですが、以下のような方のご質問にはお答えできない場合があります。

1.人に依存することばかり考えている方
2.競馬商材を購入するつもりもない方
3.すぐに人のせいにする方

以上よろしくお願いいたします


コメントを残す

このページの先頭へ