チャージマンの初期画面馬からの馬連万馬券的中レースが出現!

4月24日(土)東京10R晩春ステークスで、チャージマンの初期画面馬から馬連万馬券が的中しましたよ!





チャージマンの初期画面馬が出現しているレースでは、初期画面馬から印のついている馬へ流すのが推奨されている買い方となっています。


東京10R晩春ステークスの初期画面馬は単勝5番人気⑰スカイグルーヴでした(結果2着)。



ちなみにこの日の初期画面馬は2頭(もう1頭のジェットモーションは4番人気6着)でした。


さて東京10Rの出馬表を展開してみると、初期画面馬の次に重要な☆1~☆6馬がまったくいません。





このような初期画面馬のみに印がついたレースでは、初期画面馬の単複を購入するのが個人的にはおすすめで、あとはレース波乱度によって加速欄や指数欄に印がついている馬に手広く流す馬券を検討します。


東京10Rはハンデ戦ですし、テクニカル6のレースパターン1ともっとも波乱度の高いパターンでもあったので、ここは手広く流すのが結果的によかったかなと思います。





すごいですね。馬連11点買いで15480円の万馬券。ワイドでも5380円の高配当的中ですからね。


初期画面馬の出現しているレースから勝負レースを絞ってみるといずれ今回のような高配当が的中できるはずなので、ぜひ注目していきましょう!




コメントを残す

このページの先頭へ