チャージマンで勝負レースを絞るなら初期画面馬を活用してみましょう!

チャージマンにログインした時に表示される馬は初期画面馬といって、より馬券的に狙い目の馬となっているので勝負レースを絞るなら積極的に活用してみましょう!





こちらが2月21日(日)のチャージマン初期画面馬です↓↓




この日は3頭が該当して(2-0-0-1)単勝回収値216円複勝回収値90円という成績でしたが、この初期画面馬というのは★1~★5の中に◎がついていて、なおかつ指定されたオッズ条件を満たした馬が表示されるようになっています。


この日は3頭しか選出されなかったように1日に選出される頭数は少なく、軸馬としての精度も高いので勝負レースを厳選するのに有効だといえます。


具体的な馬券作戦としては、初期画面馬を軸として他の印がついた馬へ流すのがおすすめです。


例えば、2月21日(日)東京1Rでは◎グランパラディーゾから★6の〇馬へ流せば2点で馬連2800円を的中できました。




東京4Rでは◎エクスインパクトから★6の〇馬へ流してこちらも2点で馬連390円を的中となりました。




もし勝負レースを絞り込めないという方はぜひチャージマンの初期画面馬を軸として活用してみるのも面白いと思いますよ。



One Response to “チャージマンで勝負レースを絞るなら初期画面馬を活用してみましょう!”

  1. […] チャージマンで勝負レースを絞るなら初期画面馬を活用してみましょう! […]

コメントを残す

このページの先頭へ