フェブラリーS2016年を的中させたのは?

今年のフェブラリーステークスは上位人気2頭と中穴馬の組み合わせでの決着でしたが、3連複や3連単であれば7番人気ノンコノユメを拾えたかどうかが鍵でしたね。


オッズ断層からみれば1番人気馬と2番人気馬の間に全馬券断層が発生しており、軸としては1番人気⑦ノンコノユメは信頼できた馬でした。


勝ちきれませんでしたけどね。。


15:34のオッズ断層表↓
オッズ断層表

MONSTER8でいえば、指数3位⑥ロワジャルダンと指数4位④アスカノロマンの2頭が軸馬として選出されました。


アスカノロマンは単勝断層が破壊されていて、単勝が過剰に売れていたことが分かりますね。


MONSTER8


穴馬判定では⑩グレープブランデーが選出されていたので、この馬も含めて3頭を軸として⑦ノンコノユメを本線とした馬券が基本戦術です。


3連複や3連単であればあとはMONSTER指数上位~中位馬へ流すことになります。


結果的にMONSTER指数2位→1位→4位で決着して3連複3820円や3連単16010円の的中となりました。



馬連精密診断では朝一最も売れていたのが優勝したモーニンでした↓

馬連精密診断


まあ単純にMONSTER指数上位馬を絞って買えば儲けられたレースでしたね^^;



>>オッズ分析ソフトMONSTER8のレビューはこちら




コメントを残す

このページの先頭へ