秋華賞(2015)は☆印マキシマムドパリが激走しましたね。

秋華賞でまさかあんなHペースになるとは
思いもよりませんでしたが、
3連複を的中させるなら8番人気マキシマムドパリを
選出できたかどうかが鍵でしたね。


このマキシマムドパリを選出していたのは、
競馬データぶろぐ。です。



先日、競馬データぶろぐ。の☆印に注目と
お伝えしていたのですが、
秋華賞の☆印がマキシマムドパリでした。



マキシマムドパリの予想コメントがこちら↓


競馬データぶろぐ。より

マキシマムドパリは血統、実績からも内回り向き、
そしてキングカメハメハ産駒というのがいい。

近年の秋華賞はキングマンボの血が有効。

3代内にキングマンボ自身を内包した馬は、
過去5年で3着内率29%、複勝回収率191%と期待値が高い。

14年3着タガノエトワール(4番人気)
13年1着メイショウマンボ(3番人気)
13年3着リラコサージュ(15番人気)
12年3着アロマティコ(6番人気)
10年1着アパパネ
10年5着レディアルバローザ(15番人気)

11年は該当馬なし、
つまり該当馬が存在する年は必ず機能している。

15番人気が2頭も掲示板、
リラコサージュは単勝131倍での大駆け。

レディアルバローザが3着なら回収率はさらに上昇していた。
(クビ、クビ差の5着)

母父SSもプラス。




予想前の全馬見解ではこう評価していました。



競馬データぶろぐ。より

<マキシマムドパリ>

デビュー以来(2−2−3−1)
相手なりに走れる堅実タイプ。

デビューから38キロも減っていたフローラSでも3着確保。
(中3週で再度の長距離輸送だったオークスはさすがに厳しかったが)

馬体が戻った前走は古馬相手に楽勝。
(2着馬に2馬身、3着馬に4馬身差)

500万クラスだったとはいえ、
1000万で勝ち負けしていたエイシンハドソンを子ども扱い。

前走を見てもわかるように内回りがベター。

直線の長いコースでは(0−1−3−1)だが、
直線の短いコースでは(2−1−0−0)

祖母アドマイスは米国の芝2000MのG1ホース、
小回りの2000Mはドンピシャの可能性あり。




このように8番人気馬を高く評価しているのが分かりますね。


結果3着で複勝配当は560円。



またようやく(?)3連単予想自体も的中して、
85610円の高配当を的中させていましたよ。



競馬データぶろぐ。の☆印はこれからのG1戦でも特に
注目した方が良さそうですね。



>>競馬データぶろぐ。(PC版)の詳細はこちらです

>>競馬データぶろぐ。(モバイル版)の詳細はこちらです




この買い目に入れておけば3連複も的中だったか。。


20151018kyoto11


コメントを残す

このページの先頭へ