府中牝馬Sはクロスオーバー理論がズバリ単勝3200円を的中!

府中牝馬ステークス(2015年)は蘆口真史さんの
クロスオーバー理論が単勝3200円をズバリ的中させました。


今年に入ってからの牝馬限定重賞は、
1番人気馬が(2-5-1-8)で勝率はなんと12.5%です。


府中牝馬ステークスの成績を含めると(2-6-1-8)。



で今日の府中牝馬ステークスを勝利した
ノボリディアーナは3歳時にOP特別を勝利したものの、
それ以降はパッとせずようやく3走前に準OPを勝利。



そんな感じの馬がG1勝利馬やG2勝利馬を
あっさりと負かしてしまうのが
今年の古馬牝馬戦線のトレンドのようですね。



でもクロスオーバー理論はそんなトレンドとか関係なしに、
朝一の時点でノボリディアーナを選出していました。



⇒ クロスオーバー理論のレビューはこちら



また他の商材では再販されたばかりのコンピザゴールドも
1着馬ノボリディアーナを選出していました。



コンピザゴールドは3頭の穴馬を選出するノウハウなので、
ここからさらっとコンピ1~2頭へ流すだけでも
馬連6590円を的中できた
というわけですね。



⇒ コンピザゴールドのレビューはこちら




そしてとどめは単撃ロボです。


府中牝馬ステークスはその名の通り牝馬限定戦なので、
単撃ロボで狙うレースでもありますね。



今回は3連複的中までには届きませんでしたが、
指数6位→指数1位の決着で馬連6590円を的中させました。


府中牝馬ステークス



単撃ロボはハンデ戦も得意としていますが、
府中牝馬ステークスの直前に行われた京都11R
清水ステークスでは指数5位→1位→3位で
3連複2990円を的中させていましたよ。



馬連や3連複を自動購入できませんが、
シンプルで狙いやすいのが単撃ロボの牝馬限定戦とハンデ戦狙いです。



⇒ 単撃ロボのレビューはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ