日本ダービー(2011年)の傾向分析

僕だけかもしれませんが、
日本ダービーって固く収まるレースというイメージがあります。



それだけ強い馬が勝つレースという先入観かもしれません。



でも配当金を見れば
そうじゃないぞと^m^;



過去5年でいえば馬連万馬券が3回も出てるし、
3連単だと2006年以外すべて10万馬券ばかりで。。



2007年は強烈でした。


フサイチホウオーが圧倒的な人気になって
ウオッカが勝利したんですが、


2着には14番人気アサクサキングスが(汗




今となればアサクサキングスが14番人気なんてって
思うところだけど、


アサクサキングスは
前走NHKマイルカップで11着。その前の皐月賞で7着。



これだけを見ればアサクサを買う要素なんてなかったわけです。




なのにダービーを連対した事実。




僕が何を言いたいかというと、
日本ダービーこそ回収するチャンスということです。



というのは、
日本ダービーって有馬記念ほどじゃないにしても、
普段競馬をやらない人が参加するレース。



だからこそアサクサキングスが
きさらぎ賞を勝利したにも関わらず、
不当なオッズがついたりしたのです。



ほら、2008年のスマイルジャックだって
そうだったじゃないですか?



きさらぎ賞を連対したのに、
皐月賞を凡走したが為にダービーでは12番人気。


そしてそれをあざ笑うかのように2着に走った。




これほど日本ダービーは人気をアテにし辛いのです。



とはいえ、今年の皐月賞は東京芝2000Mで行われました。

ここを矯めて馬群を割り差し切ったオルフェーブルはダービーでも脅威だと思いますけどね。




コメントを残す

このページの先頭へ