紙の競馬ソフトの具体的活用法の1例です。

エボリューションセミナー動画の特典には藤本さんの紙の競馬ソフトがあります。その紙の競馬ソフトの具体的な活用法の1例を挙げさせていただきます。



今日(3月15日)の中京4Rですが、このレースはビクトリーオッズの朝一異常馬(A)としてレッドメイヴが選出されていました。


レッドメイヴ


レッドメイヴは単勝1番人気馬でしたが、ビクトリーオッズの朝一異常A馬は堅い連系の軸馬になります。こういった朝一異常馬のいるレースで紙の競馬ソフトを活用します。



使い方は非常にシンプルで、朝一異常馬から紙の競馬ソフトで選出された枠番へ流します。買い目自体は枠連4点となりますので、今日の中京4Rのように1着に人気薄馬が来た際には高配当及び高回収も期待できます。


20140315中京4R



なお、朝一異常馬は今日の中京1Rでも出現していて、同じように紙の競馬ソフトを用いて枠連4点購入した場合790円の枠連的中となっていますし、堅い軸馬のいるレースでこそ紙の競馬ソフトは威力を発揮するのではと思います。



またゾーンレベルでいえば、今日の中山9Rはソフトに表示された馬連4点で2670円の的中となりました。


20140308nakayama9


ゾーンレベルの連ヒモ馬のうち紙の競馬ソフトで推奨された馬を選べば、買い目自体を減らすことができます。特に買い目が多くなってしまうようなレースでの絞り込みに有効なのかなと。









コメントを残す

このページの先頭へ