BRAIN3の基本的な狙い方

BRAIN3は前日BRAIN指数と朝一BRAIN指数を比較して、朝一指数順位が下がっている馬を除外して狙うことで予想の効率化を図れます。



例えば先週のアーリントンカップ。



【前日BRAIN指数】
zenjitu


【朝一BRAIN指数】
asaiti



朝一BRAIN指数は前日では把握できない「オッズ」を前日指数に組み込んだものです。



大幅に指数順位が変更するとすれば、この前日→朝一のタイミングです。一方で朝一指数と直前指数は大きく変化はしないので、基本は前日→朝一の指数変化を確認すれば良いと思います。



で、アーリントンカップの場合でいうと、指数順位が下がっているのは


コンピ2位 エイシンブルズアイ (3位→4位)
コンピ3位 アドマイヤメテオ  (5位→6位)
コンピ5位 グッドスピリッツ  (8位→9位)


のコンピ順位上位3頭です。


10頭立てと少頭数レースではありますが、コンピ上位3頭を除外できますので連系馬券での配当もボチボチ期待できます。



特に重賞レースはBRAIN指数上位馬で決着することが多いので、エイシンブルズアイやアドマイヤメテオを除外するだけでも少点数ボックス馬券で狙うことができると思います。


アーリントン結果



また、昨年の浅田真人氏のブログ記事にて公開されていたのですが、

▶ コンピ最下位を狙え!の記事リンク


先週は、3月2日小倉10Rで単勝爆発していましたね。


テーオーケンジャ
(テーオーケンジャ1着単勝3020円)


ちなみにテーオーケンジャは前日からBRAIN指数順位を上げた馬でした。



前日(3月1日)の阪神7Rでもコンピ最下位のサンレイフローラが8番人気2着に激走していますし、ここの部分を参考にされるのも面白いと思います。








コメントを残す

このページの先頭へ