超級単勝異常投票のダミーを見抜く方法

先週の土曜日に行われた東京スポーツ杯2歳ステークスでは、
単勝1番人気のサトノアラジンに単勝超級異常が発生していました。



こちらが各馬への異常投票の回数です。
20131116tokyo11


レース直前(15:18)におよそ600万円の単勝投票が見られました。



この単勝超級異常馬を狙うだけでもプラスになっていますが、
今回の場合は危険な人気馬として見送るのが正解。



というのもまず単勝オッズが1倍台であるという点がありますが、
その際にオッズ分析ソフトMONSTERの印欄に「危」マークがついていたからです。

危



MONSTERの販売ページにも書かれていますが、
圧倒的人気馬に「危」マークがついている場合は高確率で2着以下に沈みます。



たとえ超級投票があったとしても、
圧倒的1番人気馬で2着以下に負ける可能性が高い馬への
単勝投資がいかに危険な行為であるかは容易に分かりますね。



このレースは上位人気信頼度の高いレースでもあり、
1番人気サトノアラジンはヒモ馬にしておいて、
他の上位人気馬を中心に馬券を検討するのが良いと思います。



穴侍の印も上位人気を評価していますし。



その中でもクロスオーバー理論で選出されたプレイアンドリアルを
軸に勝負するのも良かったのかもしれません。



▶ オッズ分析ソフトMONSTERver.6のレビュー




コメントを残す

このページの先頭へ