馬券術チェンジライダーのレビューを公開します。

sisetuchoは騎手個別の好走データや凡走データはそれほど好きではありません。




なぜなら騎手それぞれの稼げるデータは、
その時の状況によって大きく変わるからです。



○○厩舎の馬に△△騎手へ乗り替わったら回収率□□□パーセント。




以前はsisetuchoもこういうのが好きでしたが。


だって、簡単にプラス回収を達成した条件が見つかりますからね。




でもこれほど短命な馬券作戦は、
常にデータを更新していかなくてはいけないので効率が悪いのです。



こういう部分は最強のような雑誌に任せておけば良いかなと思うわけで。



つまり読み物としてはとても楽しめる戦術だけども、
いざ実践しても結果が出にくいのが騎手馬券術。



これがこれまでの騎手個人個人を狙った馬券術への印象です。




でも少し視点を変えてみれば、
騎手も非常に狙える重要な戦術になりえます。



陣営がメイチの勝負をかけるなら、どんな騎手戦略を用いるか?




その具体的理由はこちらの馬券術で理解できるのではと思います。



馬券術チェンジライダーのレビューと特典のご案内



コメントを残す

このページの先頭へ