京都金杯が狙い目かもしれませんね

2013年を迎えればまずは1月5日に東西金杯です。


我々にとってどっちの金杯が的中しやすいかといえば
京都金杯ですね。


というのも過去5年の京都金杯では、単勝1、2番人気
が【0-3-3-6】で全く勝ちきれない傾向が続いて
いるからです。


かといって10番人気以下の超人気薄が勝っているわけ
じゃなく、勝ち馬は単勝3番人気から7番人気まで。


単勝3番人気以下&単勝オッズ15倍以下の馬が、
【5-2-0-13】で単勝回収率266.5%なんです。


つまり上記のような人気薄でもなく、人気馬でもない
馬を単勝で狙っていくのが良さそうですね。


となると出番はプレミアムモンスターの秋山単勝指数
3頭と蘆口穴指数3頭の合計6頭。


これら6頭から狙いを定めるという作戦を僕なら実行
しようと思いますが。


というわけで、販売終了と表示されていますがちゃんと
探せばまだ決済できるようになっています(12月29日現在)
ので、今年のうちに2013年金杯に備えておきましょう。







コメントを残す

このページの先頭へ