ストレートスナイプと単撃の違いとは?

単撃の川田信一氏による新マニュアルが発売となります。


今回の手法は、川田氏得意の○○の条件に合致した時、
▲▲の条件のレースに出走したら迷わず狙い撃ちという
ノウハウに仕上がっています。


では単撃とはどう違うのかという点ですが、陣営の勝負
気配を読み取れるかどうかという点だと思います。


単撃はどちらかというと馬個体の能力やコースへの適性
を把握して対象馬を選出する方法です。


そしてその評価(買い目選出)をするには、簡単ではあり
ますが数字の計算という作業が必要です。


一方のストレートスナイプ。


こちらは馬の実績や能力というよりは、ローテーションを
重視した陣営の勝負気配を読み取る戦術というイメージ
で良いかと思います。


ローテーションといっても様々な解釈がありますが、ここ
でいうローテーションというのは、陣営が照準を合わした
レースへどのようなステップで臨むのかということです。


馬の隠れた能力を発揮できる舞台であるかどうかを見極
めるのが単撃であるとすれば、ストレートスナイプは予め
陣営が定めたメイチの勝負レースを見極めるノウハウ。


あと、単撃が買い目選出にマイニングを一部使用してい
るのに対してストレートスナイプは使用していません。


なので、JRAの出馬表で確認できる情報だけで買い目
選出は可能というのもありがたいですね。











コメントを残す

このページの先頭へ