天皇賞(秋)2012の傾向

今年の天皇賞(秋)の過去5年の傾向を分析します。


距離短縮馬 【2-1-2-29】
距離延長馬 【2-3-2-28】
同距離馬 【1-1-1-11】


これだけを見るとはっきりとした傾向が見えませんが、
上記を単勝人気で見ると傾向がはっきりとします。


■単勝1~7番人気
距離短縮馬 【2-1-2-12】
距離延長馬 【2-3-2-5】
同距離馬 【1-1-1-3】


つまり、距離延長もしくは同距離ステップの馬が好走しているレースといえます。


☆前走から距離延長もしくは同距離ステップ&単勝1~7番人気&関西馬

【3-2-3-5】勝率23.1%連対率38.5%複勝率61.5%


今年の登録馬の中での距離延長もしくは同距離ステップの関西馬は、

エイシンフラッシュ
カレンブラックヒル
サダムパテック
シルポート
ジャスタウェイ

の5頭で、この中から好走馬が出る可能性は、
ローテーション的には非常に高いと思っています。


前日段階で、ゾーンレベルソフトを使っての波乱度分析をした上で、
馬券検討をしていくというのが良さそうですね。


ゾーンレベルソフトのレビューと特典はこちら↓
新コンピアナライズ・ゾーンレベルのsisetuchoレビューです


まー、ゾーンレベルソフトはここ2週連続してのWIN5的中ですし、
WIN5を攻略したいという方にも向いたソフトだと思います。


TARGETへのコンピ指数取り込みもクリックひとつで完了できますし、
様々な要素をクロスして馬券へアプローチしていきたい方におすすめ。


個人的には手放せない道具になっています。














コメントを残す

このページの先頭へ