職人競馬論の7月第一週の成績。この2つのファクターを除外すれば更に成績が安定しています。

職人競馬論の7月第一週の成績は土日で4頭が選出され、(1-1-1-1)単勝回収値172円複勝回収値360円でした。





実際に選出された馬が以下の通りです。

7月1日(土)
中京9Rシンシアズブレス(11番人気3着)
函館10Rラボーナ(2番人気2着)

7月2日(日)
函館12Rデアレガーロ(4番人気1着)
函館3Rステイオンザトップ


成績には安定感が出るロジックが採用されているので安心して狙うことができますが、土曜日の中京9Rシンシアズブレスのように超人気薄激走馬もたまに出現するのがまた面白いです。


ですが、超人気薄の選出馬であっても前走1.0差以上敗退馬は今年に入って(2-2-3-27)勝率6.3%連対率12.5%複勝率21.9%単勝回収値39円複勝回収値51円と期待値が低いですし、逆に人気になりやすい前走1着の選出馬も(2-8-1-14)勝率8.0%連対率40.0%複勝率44.0%単勝回収値20円複勝回収値77円です。


この2つのマイナスファクターを除外するだけで、今年の職人競馬論選出馬は(19-10-10-68)勝率17.8%連対率27.1%複勝率36.4%単勝回収値124円複勝回収値111円。これは単複で狙えそうです。


更にここからパーフェクトコードABに絞っても良さそうですので、ぜひ参考にされてみてください。


職人競馬論(北口修次)のレビューと特典案内
北口修次さんの競馬商材デビュー作「職人競馬論」をレビューします。 北口修次さんという名前は田中洋平さんのエミネ&



コメントを残す

このページの先頭へ