日曜日もパーフェクトコード×ファイブスターが上々の結果でした(5月7日)

土曜日に引き続いて日曜日もパーフェクトコードA×ファイブスター4~5に該当する馬が安定した結果を残しました。


こちらが日曜日の該当馬成績です↓



トータルで(3-1-1-4)単勝回収値127円複勝回収値86円となり、土日ともに単勝回収値はプラスでした。


個人的にも注目していたNHKマイルカップ(G1)のカラクレナイは残念ながら17着大敗という結果だったのですが、パーフェクトコードとファイブスターのミックスはやはり下級条件(未勝利~1000万下)の方がより安定した結果を残しているようです。


更に下級条件では現状乗り替わりが効果的なので、下級条件の乗り替わりに限定すると土日で(5-0-2-3)単勝回収値293円複勝回収値120円と非常にインパクトのある結果を残していました。


パーフェクトコードAとファイブスター4~5はこの狙い方でしばらく様子をみていきたいと思います。


ではパーフェクトコードBとファイブスターとの相性はというと、これはなかなか難しいです。ファイブスター4~5と組み合わせることによって逆に回収値が下がってしまうからです。


sisetuchoがちょっと気になっているのが、馬場が渋ったときのパーフェクトコードB×ファイブスター5です。


具体的には芝が稍重・重・不良の時、ダートが重・不良の時にパーフェクトコードB×ファイブスター☆5を狙うという感じです。


特にコンピ1位~5位馬に限ると今年は(19-9-6-18)勝率36.5%連対率53.8%複勝率65.4%単勝回収値169円複勝回収値120円を達成しているので、馬場が悪くならないと全く使えない作戦ですが覚えておきたいと思います。




コメントを残す

このページの先頭へ