ダミーの朝一異常投票馬を見抜く方法をご紹介します。

異常投票を確認する手段の1つとしてオッズ断層がありますが、ダミーの朝一異常投票を見抜く方法をご紹介します。


サンプルとして2016年8月7日(日)札幌9Rを挙げさせていただきます。


ダミー異常投票馬


こちらは朝一のオッズ断層表ですが、赤枠で囲った①の馬連・単勝・複勝順位をご覧ください。馬連が8位で単勝が12位なのに対して複勝はなんと1位!単複の順位差は11というくっきりとした異常を確認できますね。


ですが①ビクトリーミノルは見せ場なく10着に凡走しました。


結果的にこの断層異常はダミーだったといえるのですが、PHANTOMの金力Pを確認すればこの朝一断層異常がダミーだったということがわかります。


金力P


朝一金力Pを確認すると確かに①ビクトリーミノルの複勝金力P順位は2位と高いです。ですが肝心の数値が57と実は大して売れておらず、投票母数の少ない中で少し売れたがために一時的に複勝1番人気になってしまったと判断できます。しっかり売れていれば黄色や赤色表示されますからね。


オッズ断層異常馬がダミーか本物かを見分けるにはPHANTOMの金力Pで確認すると分かりやすいですよ。


またこのレースは上位人気馬のP指数が軒並み低かったので、人気薄のP指数上位馬狙いで単勝1,590円を的中できました。


オッズ断層で異常馬を見つけた場合にはぜひ金力Pも確認してみてくださいね。


>>オッズ分析ソフトPHANTOMのレビューはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ