小倉記念のクランモンタナは複勝ストレート断層直前馬だった。

小倉記念は11番人気クランモンタナが勝利し波乱の決着となりましたが、クランモンタナは直前オッズで複勝ストレート断層直前馬でした。


小倉記念


この複勝ストレート断層(複勝に下位まで断層がない)の場合には、1本目の複勝断層付近の馬が激走しやすいです。なかなかクランモンタナを頭から買うのは難しいと思いますけど、馬連断層も単勝断層ノーマル(青)1本ずつしかありませんでしたし、クランモンタナは単勝期待値の高い馬連大断層直前馬(1本目)でもありました。


オッズ断層の情報だけでクランモンタナを買い目に入れることは可能ですが、この馬に関してはなかなかソフトや商材で評価しているものがなくて難しかったのではと思います。


クランモンタナはコンピ最下位馬でもあり、特にコンピ系商材のロジックでは的中は困難だったといえますね。


競馬データぶろぐ。の予想では押さえとして評価されていました。


(競馬データぶろぐ。の予想より抜粋)

二桁人気をもう1頭押さえていきたい。

それはクランモンタナ。

トニービン持ち&中8週、
事前検証で紹介したポイントを2つ押さえている。

昨年は穴が出づらい「七夕賞凡走」からの臨戦だったが、
結果は8番人気ながら僅差の4着。

今年は期待値が高い臨戦過程。
(前走芝重賞で中7週以上)

となれば昨年以上の着順が期待できるはず、
例年「夏場」にグングン調子を上げてくる馬である。



競馬データぶろぐ。は予想(馬連・三連複)の的中精度は正直低いのですが、穴馬の激走根拠をしっかり記載している点が良いですよ。この激走根拠とオッズ断層があれば絶対に押さえておきたくなりますよね?


重賞レースで穴馬を買うかどうかの判断材料として活用するのもおすすめです。




One Response to “小倉記念のクランモンタナは複勝ストレート断層直前馬だった。”

  1. […] ていましたが、ともに3着内に激走しました。 まずは小倉記念からです。このレースはこちらの記事でお伝えした通り複勝ストレート断層馬クランモンタナが1着に激走して波乱となりま […]

コメントを残す

このページの先頭へ