昨日も大井最終で異常投票馬が激走しました

昨日(6/9)の大井開催においても異常投票馬が激走しました。



一番熱かったのは最終レースの7番人気サンドプラチナの3着激走です。


大井12R



このレースは9頭立ての少頭数レースでしたが、
馬連1番人気の指数順位が8位と低くて
時系列Pには上位人気馬へのポイントはなく、
人気薄2頭(①④)にポイントが加算されています。



このようなレースは下位人気馬からの激走が期待できます。



実際にどんなレベルの異常投票が入っているのかを
時系列オッズで確認してみましょう。


大井12R


すると①④の複勝に【大】級の異常投票が入っているのが分かりますね。



結果は①が3着に激走して複勝500円の払い戻しでした。


大井12R



①のMONSTER指数が8位だったように、
異常投票に関してはMONSTER指数は関係なく激走しています。



1~2着はMONSTER指数2位と4位馬だったので、
フォーメーションの3列目に①④を入れておくと
3連複や3連単まで的中できたといえますね。



この日は大井4Rでも4番人気マラドーナスピンの複勝に
【大】級異常投票が入り3着に好走(複勝200円)しました。



連日のように【大】【超】級の異常投票馬が
激走していますのでぜひ参考にしてくださいね。


>>南関MONSTERのレビューはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ