南関MONSTERは人気薄の時系列異常も簡単に見つけられる!

昨日(6月8日)の大井競馬10Rは9番人気→10番人気→11番人気の
大波乱決着となりました。


大井10R



これら人気薄激走馬3頭に共通する点といえば、
複勝に大~超級の異常投票が入っていたということです。



大井10Rの時系列オッズ↓
大井10R



MONSTER8と違い異常投票の金額までは分かりませんが、
どの程度の異常投票が入ったのかを
「弱」「中」「大」「超」の4つでカウントします。



大井10Rでは「大」「超」にカウントされた馬が
③⑧⑫⑬の人気薄ばかりの4頭で、
これら4頭のうち3頭で決着したレースだったのです。



1着の⑧はMONSTER指数3位馬でもありましたし、
単複狙いであれば⑧1頭に絞るのも良かったのではと思います。



昨日はこれだけでなくって、
大井8Rで12番人気2着(複勝870円)キングマシュー
の複勝にも超級異常投票が入っていました。


南関MONSTER時系列


この異常投票を見抜けるのは南関MONSTERだけだと思います。



MONSTER指数と合わせて狙えば
より精度の高い買い目を作れますね!



>>南関MONSTERのレビューはこちら





コメントを残す

このページの先頭へ